とびひ

 
とびひは伝染性膿痂疹という一種の細菌感染です。
黄色ブドウ球菌によって生じるものと、化膿性連鎖球菌(溶連菌)によって生じるものがあります。
 
湿疹、虫刺され、水ぼうそうのあとなどに、二次的に細菌が繁殖し、その細菌がある種の毒素を産生します。
産生された毒素は、皮膚をジュクジュクさせる作用があるため、まわりにジュクジュクした病変を作ります。その部分で細菌が繁殖し、また毒素を作ります。
この繰り返しで症状が悪化していきます。
 
治療は抗生物質の内服が必要です。
かゆい場合は外側から皮膚を覆ってやると掻き壊しがなくなり、治りが早くなります。
 
詳しく知りたい方は製薬会社マルホのとびひのページをご覧下さい。

inserted by FC2 system