皮膚腫瘍に対する外科手術

局所麻酔による皮膚腫瘍切除を行っています。
ほくろ、粉瘤、老人性いぼなどの良性腫瘍を始め、植皮術、皮弁形成術を用いた皮膚がんの手術も行っております。
粉瘤に対しては「くり抜き法」と呼ばれる傷跡を小さくする方法も行っております。

ほくろの手術(オープン法)

 

若い女性の方の顔面のホクロです。
顔面の場合、切除後に縫って治療すると傷跡が直線的になりかえって目立つことがあります。あえて縫わずに取りっぱなしにして傷を塗り薬を塗ってなおし、傷跡を丸い瘢痕にしたが自然な感じになります。
 

手術直後の写真です。丸い傷になっています。ここから塗り薬で傷を治します。
 

術後1週間後の写真です。キズは治りましたが、多少凹んで赤みがあります。日光に当たると赤みが消えにくいため医療用テープを張って紫外線を避けてもらいました。
 

1か月後の写真です。
赤みはかなり取れ平らになっています。数カ月後には赤みが取れてさらに目立たなくなります。
inserted by FC2 system